買取不可の水没車は廃車しかないケースも

大規模な津波や集中豪雨の災害報道やインターネット動画で、濁流に飲まれて水没したり流されていく車を見ることがあります。ある日突然自分の車がそうした事態に巻き込まれたら大変です。水没は車にとってダメージが大きいからです。
水に弱い電気系統の故障、水に含まれる汚泥による劣化、車内に充満した汚水や汚臭のクリーニングなど、元の状態に戻すには相当な修理を覚悟しなければなりません。マフラーへの浸水があればエンジンの排気が不可能になるのでエンジン故障につながります。フロア下に重点的に配されている電気系統がやられた場合はエンジンをかけること自体が危険な行為になります。
水没車の原状回復は費用も掛かりますが、点検修理に時間を要するので車が使えない期間も長くなります。多額の費用と時間をかけるぐらいならディーラーや中古車店に買取を依頼して新車に買い替えようと考える人もいますが、水没車はディーラーや一般の中古車店ではなかなか買い取ってもらえないのが実情で、最終的には廃車処分するケースもあります。

水没車でも廃車買取してくれる専門業者の存在

ディーラーや一般の中古車店が水没車の買取に積極的でないのは理由があります。業者側にすれば水没車を転売できなければ利益がありません。水没車であることを説明したら買い手が敬遠する懸念もあります。もし売れても、その後クレームがきたりする場合があり、そうしたリスクを回避したいからです。
そうなると廃車処分するしかないとあきらめる人も多いですが、それにも費用が発生しますし時間も取られます。それよりも、水没車でも引き取ってくれる買取業者を利用するほうが賢明です。一般財団法人日本自動車査定協会は水没車の査定基準を明確に定めており、室内フロア以上に浸水した車か浸水の痕跡が複数確認される車を水没車と規定しています。
浸水の痕跡とはシートのスライドレールやステアリングポスト付近に錆や腐食が確認できること、車内に浸水した汚水が乾いて粉末状になった汚れが確認できることなどが明記されています。こうした点をチェックしてもらった上で、水没車として買取業者に買い取ってもらうという流れになります。

再利用パーツや鉄くずとしての水没車の価値

水没車といっても被害の程度で差はあります。じわじわと水かさが増した状態で水没した場合は、車体そのものには大きな衝突跡などは少ないので廃車買取の専門業者にとっては価値があります。傷んでいないバンパー、ハンドル、水没を免れたカーナビ本体などは、簡単な補修や取り外し作業で再利用できるからです。
濁流に流されて原形をとどめていないような車になってしまえば再利用できる部品はほとんどなくなりますが、それでも買い取ってもらえるケースはあります。鉄くず同然になってしまった水没車をなぜ買取業者が買い受けるかといえば、文字通り鉄くずとしての価値があるからです。水没車を解体すれば多くの金属が集まります。これを有価金属と呼び、時期によって価格が変わる変動資源としての価値を持ちます。
車の重量は軽乗用車でおよそ1トン弱、ミニバンなどの大型車だと2トン前後もあります。鉄スクラップ、非鉄、雑品などに分類され売却されますが、中でも鉄は車に一番使われている素材であり、鉄スクラップとしての価格が水没車の売却金額に反映されます。このように水没車もパーツ再利用、鉄くずという観点で商品価値があり、市場が成り立っているのです。

ピックアップ記事

廃車買取ビジネスの背景にリユース リサイクル思想

かつての日本は大量生産大量消費が美徳とされ、世界を驚かせる高度経済成長を遂げましたが、その反動として環境汚染、公害病の発生、ごみ問題などが深刻化し、この解決に向けて政府の方針も国民のライフスタイルも大...

海外需要が支える廃車買取ビジネス

事故車や走行距離が10万キロを超えたような中古車など、一般的に国内であれば廃車にするしかないと思うような車でもある程度の価格で買い取ってくれる専門の買取業者は多いです。買い取ってくれる理由の一つは海外...

廃車寸前の低年式車でも専門の買取業者には売却可能

モータリゼーション花盛りだった昭和40年代から50年代ごろは、新車のマイカーを購入したら、最初の車検が来るタイミングで次の新車に買い替えるという人は少なくありませんでした。メーカーは新車を発売した約2...

買取不可の水没車は廃車しかないケースも

大規模な津波や集中豪雨の災害報道やインターネット動画で、濁流に飲まれて水没したり流されていく車を見ることがあります。ある日突然自分の車がそうした事態に巻き込まれたら大変です。水没は車にとってダメージが...


コンテンツ

カテゴリー